ニュース一覧

料金は作業内容次第

ヘルメット

見積もりを見てから

インターホンが壊れると、誰かが訪ねて来た時に、スムーズに対応できなくなります。特にカメラやモニターが付属しているインターホンの場合、故障により訪問者の顔確認が難しくなります。セキュリティレベルが大幅に低下するため、このような場合はいち早く業者に修理を依頼する必要があります。修理は、インターネットの専用フォームや電話で手軽に申し込むことができます。料金は、業者と修理の内容によって異なっています。一般的には、まずは基本料金または出張費として、約5千円の料金が発生します。そこに、交換する部品やその手間暇に応じて、料金が加算されていくのです。スピーカーを交換する場合は2千円、壁との隙間を埋めるコーキングをする場合は千円といった具合です。その合計金額は、2万円ほどが相場となっています。インターホンそのものを新品と交換する場合は、2〜5万円の本体価格に加え、1万円前後の取り付け料金がかかるので、それと比較すると修理の方が安いと言えます。ただし破損状態によっては、新品に交換した方がかえって安くつくこともあります。いずれの場合も、まずは業者に壊れたインターホンを見てもらうことが大事です。すると修理費の見積もりを出してもらえるので、それを見てから、修理と交換のどちらにするかを決めることができるのです。修理にしても交換にしても、早ければ1時間ほどで終わりますし、その後は訪問者の声や姿を確認しやすくなります。安全な暮らしを取り戻すために、多くの家庭がトラブルのたびに業者に連絡しています。

オススメ記事

インターホン

故障の際は迷わず電話を

インターホンの交換、修理に対応している業者の中には、工事基本料金5,000円からの激安価格で対応しているところもあります。メールで問い合わせることもできますが、緊急を要する場合は電話で申し込み、直接状況を説明して依頼するのがおすすめです。

工具

高齢者の方に人気

インターホンは機能が増え低価格化が進んでいます。交換工事費も安く新規で設置場所選びが難しい場合は場合は無線タイプの商品も便利です。カメラ機能は防犯対策になり、録画機能やスマートフォンと連携機能付きの商品は留守中の確認や応対ができます。

玄関

プロの業者に依頼しよう

インターホンが故障したときは購入店や近くの電気店、管理組合などに相談してみましょう。なお、保証書があるのであればそこに記載されているところに連絡し、指示を仰ぎましょう。修理には出張費やキャンセル料が発生する場合もあるので、見積もりや内容をしっかり確認してください。

インターホン

意外と安くすぐ終わります

インターホンの交換は、思っている以上に安いですし工事もすぐに終わりますので、インターネットで激安の業者を探して依頼すると良いでしょう。いざ交換する際にはまず問い合わせをするのですが、必ずしもそこを利用する必要はなく、他の激安の業者からも見積もりをとっても問題はありません。